むくみにはどの漢方薬?-漢方医学とむくみ

漢方医学とは

西洋医学が検査などによって具体的な病気を見つけ治療するのに対して、漢方医学は具体的な病気が見つからなくても、身体の不調を自覚していれば(未病の状態)でも治療をします。

西洋医学が心臓や肝臓などの部分ごとに診ていくのに対し、漢方医学は、心や感情、心臓や肝臓などの臓器すべてを含めて一つの存在だと考えています。(=全人的医療)

漢方医学と西洋医学の違い

漢方医学 西洋医学
総合的 天然品 分析的 合成品
全体的 哲学的 局所的 科学的
複合成分 経験的 単一成分 理論的
概要
古代中国の伝統医学をベースに、日本で発展した日本独自の医学 西洋で発展した医学
診断の方法
気、血、水、五臓六腑を診ながら四診を行う 検査を行い、病気を特定する
治療薬
漢方薬の処方、エキス剤が中心 手術、リハビリ、西洋薬の処方など病気に対するピンポイントの治療

『女子漢方 株式会社法研』より

漢方での治療

漢方医学では「証」にしたがって治療をおこないます。(随証治療)

(※):患者の病気のようす。

証は各患者の主訴と「気・血・水」や「五臓六腑」、「四診(望診・聞診・問診・切診)」などによって決められます。

そして各人の「証」に合った治療方法をみつけます。
なので、同じ症状を訴えるひとでも治療方法が異なることがあります。(同病異治)

「気・血・水」とは?

「気・血・水」とは、体の中にある血液や体液などを3つに分けた考えを基にしているもの。

このバランスが崩れると不調が起こります。

漢方薬とは

数種類の定まった生薬の組み合わせによって構成されます。
西洋薬との違いは、一つの漢方薬に複数の成分が含まれているので、色々な症状に対して効果が期待できます。
一つの漢方薬でさまざまな症状に対して治療が可能なことを「異病同治(いびょうどうち)」と言います。

生薬とは

天然に産する動物、鉱物、植物の全体または一部を採取し、乾燥あるいは簡単な処理を行い、必要に応じて使用できるように調整した薬物。

満量処方とは

漢方より得られたエキスを全量配合していること。
1/2処方などは、全量に対して半分の量であるということ。

漢方薬の剤形の種類

漢方薬の名前の最後にある「湯」「散」「丸」の文字は、漢方薬の剤形と飲み方を表しています。

「湯」は煎じて、「散」は粉末状にした生薬をそのまま、「丸」は粉末状にした生薬をはちみつなどで丸めて飲みます。

現在の漢方薬の多くはエキス剤です。
携帯が便利で長期保存ができ飲みやすくなっています。

(※)エキス剤:煎じ液から成分のエキスを抽出したもの。

副作用は?

漢方薬は西洋薬に比べて副作用が少ないと言われています。
しかし少ないだけで、食欲不振、むかつきなどさまざまな副作用が生じる場合があります。

原因は、漢方薬に含まれている成分が合わなかった、自分の症状に合わないなど。
そういう場合は医師に相談をするようにしましょう。

漢方薬は何時飲む?

食前や食間(食事と食事の間。前の食事から2~3時間後)

西洋薬は食後に飲むものが比較的多いですが、これは消化器系の副作用を減らすため。
漢方薬は、消化器系の副作用が出ないように生薬が組み合わされているので、薬の成分がよく吸収されるように、空腹時あるいは食間に飲むようにしましょう。
※消化器系が弱い人の場合は、食後に飲んだ方が良いときがあります。

漢方医学の「むくみ」に対する考え

むくみは、体内に水が滞り、巡りが悪くなっている『水毒※』の状態。
特に冷え性の人は、体が冷えることで水の流れがより悪くなって、体内に余分な水分がたまります。

水毒とは

「気・血・水」の「水」の異常。
体の中の水分バランスが崩れた状態。
水分が過剰になっている場合と不足している場合がありますが、水分が過剰な状態をさす場合が多いです。

水の流れが悪いと血の流れも悪くなり、お互いに影響を受けながら症状が悪化していきます。

水毒の状態で現れる症状

むくみとともに、体が重い、手足が重だるい、汗をかきやすい、めまい、肩こり、頭痛、疲れがとれにくいなど

むくみにはこの漢方薬

上記でも紹介したように、漢方薬には複数の生薬が含まれているので、一つの漢方薬で様々な症状に対して効果が期待できます(異病同治)。
そして漢方薬は各人の「証」によって選ぶ必要があります(同病異治)。

五苓散

体の水分バランスを整える働きがある。水毒に効く。

【含まれる生薬】

沢瀉(たくしゃ)、蒼朮(そうじゅつ)、猪苓(ちょれい)、茯苓(ぶくりょう)、桂皮/桂枝(けいひ)/(けいし)

【効能のある主な症状】

頭痛、腹痛、偏頭痛、口の渇き、尿量の減少、夏バテ、嘔吐、下痢、二日酔い、顔面神経痛、帯状疱疹、乗り物酔い、胃炎、むくみ、しびれ

当帰芍薬散

名前にある当帰と芍薬は、血の流れをよくする働きがある。

【含まれる生薬】

芍薬(しゃくやく)、蒼朮(そうじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)、川芎(せんきゅう)、当帰(とうき)

【効能のある主な症状】

生理や妊娠・出産にかかわる症状(月経不順、不妊症、習慣性流産、頭痛、めまい、冷え症、むくみ、貧血など)更年期障害による症状

防巳黄耆湯

消化吸収を助け、水の代謝をよくする。
名前にある防巳と黄耆には水の代謝を改善する働きがある。

【含まれる生薬】

防巳(ぼうい)、黄耆(おうぎ)、白朮(びゃくじゅつ)、大棗(たいそう)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)

【効能のある主な症状】

関節の腫れ、むくみ、肥満(水太り)、汗をかきやすい、体が重い

防風通聖散

便を下して脂肪代謝をあげる作用がある。

【含まれる生薬】

黄芩(おうごん)、甘草(かんぞう)、桔梗(ききょう)、石膏(せっこう)、百朮(びゃくじゅつ)、大黄(だいおう)、荊芥(けいがい)、山梔子(さんしし)、芍薬(しゃくやく)、川芎(せんきゅう)、当帰(とうき)、薄荷(はっか)、防風(ぼうふう)、麻黄(まおう)、連翹(れんぎょう)、生姜(しょうきょう)、滑石(かっせき)、芒硝(ぼうしょう)

【効能のある主な症状】

肥満(脂肪太り)、高血圧にともなう動悸・肩こり・のぼせ、むくみ、便秘

防風通聖散のオススメ商品recommend

(※)第2類医薬品:副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。

【参考資料】

・むくみをとってやせやすくなる本 総監修:対馬ルリ子 株式会社小学館

・女子漢方 著者:矢久保修嗣、木下優子、上田ゆき子 株式会社法研

・基礎からの漢方薬-医療用漢方製剤・構成生薬解説 著者:金 成俊 薬事日報社

・自分にぴったりの薬が見つかる!漢方薬キャラクター図鑑 監修:新見正則 株式会社日本図書センター

・いちばんわかりやすい漢方の基本講座 監修:佐藤弘、吉川信、谷口ももよ 成美堂出版