産後は意外とむくみやすい?!産後のむくみの原因と解消法

出産を経験したことのある女性のほとんどが、産後のむくみに悩まされています。産後になると水分のバランスが一時的に崩れてしまうので、足がパンパンにむくんでしまいます。そんなむくみの原因や、解消法について紹介していきます。

産後のむくみの原因

そもそもむくみというのは、体内に余分な水分が溜まってしまっている状態のことをいいます。出産で羊水や出血によって、体内から大量の水分が排出されていくことで、体内の水分バランスが崩れてしまうことが、産後に起こるむくみの原因です。排出された水分を補おうと、必要以上の水分を体内に溜め込んでいくことによって、むくんでいきます。

その他にも、母乳を分泌する際に水分を取り込まなければいけないと体が働くため、母乳をあげることがむくみの原因につながることもあります。

出産後、授乳は座って行うことが多いので、重力によって下へ下へと蓄積されていく水分によって、特に足のむくみが酷くなってしまいます。産後の体をどうにかしたいと悩む方は多いですが、体型を元にもどしたいという理由で無理なダイエットをしてしまうと、逆にむくみを悪化させてしまうことになります。産後のむくみは時間が過ぎれば次第に収まってくるので、むくみが収まるまで待つようにしましょう。

また、産後の女性の体は、ホルモンバランスが不安定になっています。初めての出産と育児を経験される方は特に、そのホルモンバランスが不安定です。育児での疲労や、出産による体力の消耗によって、過度なストレスがかかり、血流のめぐりが悪くなってしまいます。血流が悪化することによって、むくみも更に酷くなってしまうので、ストレスはなるべく溜め込まないようにしましょう。

いつまで続くの?

それでは、産後のむくみがいつまで続くのかを説明します。産後のむくみがずっとこのまま治らないのではと悩む人も少なくありませんが、出産によって水分バランスを崩し、むくみができてしまった場合は、時間が過ぎることで治っていくことがあります。出産後に起こるむくみは一時的な現象のため、出産して2、3日経った頃にむくみができてしまいますが、1ヶ月ほどあれば、大体の方はむくみが収まります。ゾウの足のような太さまでむくんでも、1ヶ月程度でむくみが解消するのが常です。

出産後に、女性の生理的変化の回復する時期である産褥期を過ぎると、次第にむくみは消えていきます。初めて出産された方は、産後のむくみにも驚くことがあるかもしれませんが、まずは1ヶ月ほど様子見をしてください。しかし母乳が出ないからという理由で、赤ちゃんを粉ミルクで育ててむくみを放置してしまっている場合、母乳のために溜められた水分が体内に残ったままになるので、むくみが悪化してしまうことがあります。そうした方は、むくみが更にひどくなる前に、専門医への診察をお願いするようにしましょう。

むくみやすい箇所

産後にむくみやすい箇所は足です。産後の水分バランスの崩れた体内では、必要以上に水分を溜め込んでしまい、重力によって下へとさがっていった水分が足にたまり、むくみをおこしてしまいます。

むくみの酷い人は、足がゾウのように太くなり、歩く時にも、なにか柔らかいものを踏みつけるような感覚がします。分娩後になって安静に過ごす時期が終わると、赤ちゃんへの授乳が始まりますよね。新生児の場合、1日に10回の授乳をすることもあるため、授乳のたびに座ることで、むくみを悪化させてしまいます。赤ちゃんの授乳は大切ですが、むくみによって体を動かすことが辛いというお母さんもいます。その時は、むくみの対処を取りつつ、授乳をするようにしましょう。また、産後では体力が回復しきっていないため、激しい運動はもちろんのこと、家事もしばらくはやらないようにしておきましょう。むくみを気にしてダイエットなどをしてしまうと、体力の回復しきっていない中で赤ちゃんの世話をすることで、体への負担が大きくなってしまいます。寝不足などによって基礎代謝が下がってしまうと、血流を悪化させることにもなるのでダイエットはしないようにしましょう。

解消法

産後のむくみを解消するための方法はいくつかありますが、産後の女性は体力が低下しているので、自分ができる範囲での方法でむくみを解消していってください。まず、むくみを解消する方法としては、適度な運動です。ダイエットのような過度な運動はむくみや体調不良の原因となってしまいますが、無理のない運動なら、産後の運動不足を解決するのと同時に、リンパの流れも良くして、水分の排出を促せます。ただし、出産後はホルモンバランスも一定せず、たんぱく質なども不足しがちな時期ですので、実行する運動は慎重に選ばなければなりません。

産後から6~8週間経った頃にやってくる産褥期には、産褥体操というものをするのがおすすめです。

産褥体操というのは、体への負荷を小さくし、横になったままでもできる体操のことです。体力を回復させる効果もあるので、産後で体力が低下している女性にはぴったりの運動になっています。産褥体操は産後当日から始めることのできる運動なので、早めに始めるようにしましょう。

短時間で劇的な効果を出すものではなく、ゆっくりと体調を整え、体力を回復させていく方法なので、継続して行うことが大切です。ですが、帝王切開での出産を終えた方は、産褥体操でも傷口への負担がかかってしまうことがあるので、体調が優れないという日には、産褥体操をすることは控えて、体調がいいという日に体を動かすようにしてください。

二つ目の解消方法は、食事に関するものです。産後の食事では、塩分を控えるようにしましょう。体内の塩分濃度を高めてしまうと、水分を溜めやすくなってしまうので、むくみが悪化してしまいます。減塩味噌や減塩梅干しなどを利用するなどして、減塩の食生活を心がけるようにしてください。また、カリウムを摂取するのが、むくみを解消するのに効果的とされています。体内に蓄積された塩分を尿や汗にして排出してくれるカリウムは、アボカドやわかめ、ひじきやホウレンソウなどに含まれています。カリウムが含まれたハトムギ茶やドクダミ茶、柿の葉茶などはすべてノンカフェインとなっているので、授乳中でも安心して飲むことができます。

他にも、夏の出産をされる方は、スイカや夏のフルーツを食べることもおすすめです。パイナップルや桃は水分の排出を手助けしてくれる働きがあるため、水分バランスの崩れた体を整えてくれます。

三つ目の解消方法は、足湯やマッサージなどの、リラックス効果もある方法です。産後1ヶ月は入浴を避ける必要があるので、足湯をして、少しでも血行を良くすることで足のむくみを改善することができます。洗面器や浴槽にお湯を入れて、足首まで浸かるようにしておくだけでも効果はあります。マッサージは足湯の後に行うことで、更に効果が上がります。体内に溜まっていた老廃物を排出することができるので、足湯とまとめて行うようにしましょう。もちろん、片方だけでもむくみを改善することはできます。

まとめ

産後は水分バランスを大きく崩し、体力も低下してしまいます。ですが、自分のできる範囲での運動や、食生活などに気を配ることでむくみの改善は行えます。家でも簡単にできる方法ばかりなので、むくみが気になる方はぜひ試してみてください。