手足、顔のツボでむくみを解消

手足や顔のむくみは、特定のツボを押すことで改善が見込めます。むくみに効くツボは複数あり、効果は一様ではありません。ツボの刺激を普段の生活に取り入れて、ゆっくりとむくみを解消しましょう。

むくみに効くツボ

足のツボ、湧泉は気力やパワーが泉のように湧くことから名付けられたツボです。足の裏にあり、中指の下、土踏まずの少し上にあります。足指を内側に曲げた際に出来るくぼみの、中心よりも上辺りに位置しています。湧泉は万能のツボであり、冷えや血流改善といった脚のむくみを改善する他、筋肉の疲労回復、胃痛、食欲不振、歯痛、高血圧、集中力の増加、シミ、毛髪の成長と発育などに対して様々な効能があります。

親指の腹に力を込めて約3秒間、そして力を抜いて約3秒間押しましょう。両足で5回繰り返しましょう。床に座り、両手の中指で湧泉を押しながら、片足の膝を曲げ伸ばしても効果があります。指で押しづらい場合はピンポイントで力をかけられるツボ押し棒や、全身の血行促進に一役買う青竹踏みを使う方法を試してください。

足の内くるぶし付近にあるのが、三陰交です。内側のくるぶしから指4本分の上、筋肉と骨の境目に位置しています。押すと気持ちよさよりも、痛みを感じる場所です。下半身の血行改善を促すために、むくみ、冷え、生理痛など女性特有のトラブルに作用します。

三陰交を押すときは、床に座りましょう。親指の腹を使って押して下さい。力を入れすぎないよう注意しながら約5秒間押して、ゆっくりと指の力を抜きます。これを5回繰り返します。

内くるぶしと、アキレス腱の間のくぼみにあるのが太渓です。ツボの直下に血管が通り、指を当てると血管の脈の存在を感じ取れることでしょう。
足全体の血流改善や、体内の熱を作る、体温の上昇といった役割があり、特に下半身の冷えから水分代謝、喘息の改善に効果が期待できます。老化防止の効果を兼ねているため、むくみだけでなくアンチエイジングの観点からも注目されています。

太白は足の甲の側面にあるツボです。親指の付け根、大きな関節の出っ張ったかかと側のくぼみを指します。わかりづらい場合は、足の親指を曲げてみましょう。しわのできる、かかと寄りの場所にあります。太白は、消化器官と血液に関係がある経絡の原穴です。血行促進や低血圧に効果的であるため、胃腸の調子が悪いときにも効果をもたらします。押すときは気持ちいいと感じる程度に、親指の腹で押します。もしくはかかと側へ向かって、ゆっくりこすりましょう。

両膝の裏側の中心、膝を曲げた際に出てくる横じわの真ん中が委中です。足に溜まった血液や老廃物などを流し、肩こりから背中の痛み、頭痛、足腰のだるさなどを改善します。ツボを押すときは、椅子に座ってください。左右の手の中指を委中に当てて、膝の側面を両手でホールドしている状態で3秒押し、3秒離します。片足ずつ1分から2分程度、繰り返し続けましょう。

頬骨の上をなぞった先にあるのが耳門です。耳の穴にある小さな突起、耳珠よりも少し上に動脈が走っています。耳の付け根辺りのへこみで、指の腹を優しく当てると脈打っているのが分かると思います。
顔の水分代謝の促進による顔のむくみやくすみの解消以外にも耳鳴り、難聴、中耳炎、外耳炎などに効果があります。
人差し指の腹で気持ちよく感じる程度、もしくは少し強めの圧で3秒ずつゆっくり押し、ゆっくり戻します。これを左右で5回繰り返しましょう。

翳風(えいふう)は耳たぶの裏側にあります。目印は骨の角ばった乳様突起と、耳の付け根です。顎の骨との間にある最もくぼんだ所で、少し強めに押すと耳の奥の方で沈むような鈍痛を感じることができます。顔のむくみや美白作用の他、耳鳴り、難聴、歯痛、首の筋肉痛、目眩、しゃっくりを和らげる、あるいは止める効果があります。

ツボを押し終わったときは、人差し指、中指、薬指、3本の腹の指で、円を描くようにマッサージしましょう。目や頭、首がすっきりします。耳門や翳風は耳の疾患の効果が見込めますが、耳や歯など痛みがひどい、なかなか回復しない場合は速やかに医師の診断を受診してください。重大な病気が潜んでいる可能性があります。

手のむくみに効果があるのは、握りこぶしを作ったときに中指と薬指の先端が当たる労宮です。内臓の不調や様々な疲労の改善に効果的で、副交感神経の働きが見られます。手のひらの血流を改善し、体の緊張を緩和させます。心労が重なり、ストレス過剰のときに労宮を押すと、痛さが伴うという症状が現れることが特徴です。ストレスや苛立ち、動悸、胸のつかえた感じなどを抑え、集中力の欠如や自律神経、上半身の血行を改善させます。親指やツボ押し棒で気持ちいい痛さを感じる程度に5秒押しましょう。左右で10回ほど繰り返すのが目安です。

合谷(ごうこく)は、手の甲にある万能ツボです。人差し指と親指の間にある骨のくぼみで、位置はやや人差し指側です。親指で押すと、痺れたような感覚に襲われます。
むくみや全身の痛み、花粉症、耳鳴り、歯痛、生理痛、肩こり、目眩、物忘れ、精神的な症状にも効き目をもたらします。全身の痛みが和らぐ理由は、刺激として鈍い痛みが脳に伝わった後に、エンドルフィンが大量分泌されるためです。エンドルフィンにはモルヒネに似た、痛みを麻痺させる鎮静作用があります。かつては中国で、合谷へ鍼を指す事で麻酔代わりとしていた時期もありました。合谷に針を刺して微弱な電気を通すと、注射なしで麻酔効果が得られたのです。ただしモルヒネほどは安定しないので、この手法は現在ではほとんど行われていません。

ツボ押しする際の注意点

体調が普段と違うときは、国家資格を持つ専門家、あん摩マッサージ指圧師の指示を仰いでください。妊娠中やツボ周辺に怪我を負っている場合は、なるべく避けましょう。飲食後30分以内や、サウナに入った後も好ましくありません。発熱時や飲酒時、手術後であれば、伝染病や病原菌が活性化する恐れがあります。症状が悪化しかねないからです。腎臓や心臓が悪ければ、強い刺激やショックを受けるために命に関わる危険性があります。疲労が溜まっていれば、却って疲れが増します。体が未発達の子供や、高齢者に対しては刺激する力を半分程度に弱めましょう。

ツボが左右対称にある場合は、基本的に左右セットで均等に押します。痛みがひどいときは、さするだけで十分です。力任せにする、あるいは長時間同じ場所ばかりを押し続けると、筋肉を傷付ける可能性があるため注意しましょう。押す強さはほどよい刺激を感じる程度に留め、ひと押し3秒から5秒、ゆっくり離し、数分間断続的に行います。瞬間的に離すと筋の神経を過剰に刺激し、筋緊張を起こしてしまいます。

ツボを探すには、ツボ周辺を触ってみましょう。冷えやへこみ、痛みのある、他の部位と少し違う感じのする部分が、自身の体に当てはまるツボです。
効果的なツボ押しは、呼吸を意識することがポイントです。ツボを押すときは息を吐き、力を抜くときは息を吸います。タイミングは入浴後や就寝前が最も適切ですが、こだわる必要はありません。通勤電車や仕事中など、気軽に押しましょう。

まとめ

むくみに効くツボは血行改善や代謝の促進を初めとして、様々な効果をもたらしてくれるでしょう。体のバランスを整える方法でもあるため、疲労回復や食欲不振、頭痛といった症状の緩和や、顔の美白など効果は様々です。ツボへの刺激はむくみを解消する働きを促進すると同時に、痛さや冷えで体の不調を早期発見することもできます。